教師データ

教師データ

AI教師ラベルで作成した教師データをエクスポートすることができます。
エクスポートした教師データは、バックアップとして保存したり、他のユーザーに送付することができます。


操作方法

すべての教師データを一括でエクスポートする方法

1.ログインした状態で、トップページ右上の歯車マークから「マイアカウント」をクリックします。



2.教師データのページにて、エクスポートボタンをクリックすると、エクセル形式で、
  すべての作業フォルダーの教師データを一括してエクスポートすることができます。


 

一括でエクスポートした教師データをPatentfieldにインポートする方法

・必要な作業フォルダーのシートだけを抽出して、「C列」を削除する。
・csv形式で保存する。
・AIラベル設定画面の「ファイルから読み込み」にて、csvファイルをインポートする。



教師データを個別にエクスポートする方法

1.ログインした状態で、トップページの上部にある「AIラベル設定」を選択します。


2.AIラベル設定画面で、「ファイルDL」をクリックすると、csv形式で教師データをダウンロードできます。



個別にエクスポートした教師データをPatentfieldにインポートする方法

・AIラベル設定画面の「ファイルから読み込み」にて、インポートすることができます。
*一括でエクスポートした場合とは異なり、編集・加工をせず、そのままインポートできます。

    • Related Articles

    • 番号チェック機能

      番号一括入力では、複数件の公報番号リストを入力することで、入力された公報番号リストの検索結果を得ることができます。 例えば、他の検索システムの検索結果公報リストを、番号一括入力でPatentfieldにインポートすることで、同じ検索結果を得られます。 他の検索システムからエクスポートしたリストの公報番号形式と、Patentfieldで採用されている公報番号形式(DOCDB形式)が一致しないときには、番号不一致により同じ検索結果が得られないことがあります。 ...
    • 教師データを1件ずつ設定する方法

      AIラベル設定画面から教師データを1件ずつ設定する方法 1.AIラベル設定画面を開き、画面中段の「クエリ種別」を選択します。  *クエリ種別と異なる番号形式を入力(クエリ種別「出願番号」:公開番号や登録番号を入力)すると、適切に公報番号が認識されないのでご注意ください。 2.「クエリ」に教師データにする公報番号またはテキストを入力します。 3.教師データに対応するラベルを入力します。 ※2値分類では「1」または「-1」を選択してください。(「0」は教師データとして認識されません) ...
    • 交差検証(クロスバリデーション)を使用した教師データの汎化性評価

      AI分類予測では、教師データの性能を評価するための精度検証機能が備わっています。 精度検証機能を利用することで、下図のように、全体の精度と各ラベルの精度が表示され、構築済み教師データの精度を測定することができます。 精度検証機能では、特定のデータに対する精度(上図では、85.7%)を測定することはできますが、他のデータに対しても同等の精度がでるかどうかは分かりません。 検証用のデータセットを複数用意して検証することもできますが、データセットを用意する手間がかかります。 ...
    • 関連ユーザーの編集

      1つのアカウントにEmailアドレスを必要としない複数の子ユーザーのオプションがある場合、マイアカウントページに関連ユーザーの編集タブが表示されます。 関連ユーザーの編集タブでは、関連付けられている子ユーザーのログインID、パスワード等を現在の子ユーザーのパスワードなしで変更することが可能です。 変更したい項目を入力後、更新ボタンにて完了します。 <子ユーザーの文字数条件について> ・4文字以上、255文字以内 ・英数文字(大文字、小文字の区別なし)
    • パスワードの変更

      画面右上のヘッダーのメニューよりマイアカウントページに移動します。 ユーザー情報の編集タブを選択します。(ユーザー情報の編集タブでない場合) 現在のパスワードを入力して下さい。 新しいパスワードを入力して下さい。 もう一度新しいパスワードを入力して下さい。 更新ボタンを押して下さい。 <パスワード設定について> ・5文字以上 ・英数文字(混在の必要はありません) ​