AIセマンティック検索結果のハイライト表示

AIセマンティック検索結果のハイライト表示

AIセマンティック検索の検索結果で、ハイライトが表示されます。
AIセマンティック検索では、入力した文章・公報番号に対して、類似度の高い公報を検索することができます。
ハイライトでは、入力した文章・公報番号に対して、どのワードに反応してヒットしているのか、AIの検索結果を視覚的に把握することができます。



ハイライトの設定変更

詳細検索画面の「セマンティック検索オプションの表示」をクリックすると、セマンティック検索時のオプション設定欄が表示されます。
類似ハイライト数:入力文章・公報番号から抽出する特徴語の数を指定します。デフォルトは12で、抽出された12個のキーワードがハイライトされます。(ハイライト色が12種類なので、12以上を指定すると、13個目から色が重複します)
類似ハイライト閾値:抽出されたキーワードの類似キーワードもハイライトされ、類似度の閾値を指定します。デフォルトは0.7です。数値が高いと、類似度の高いキーワードのみハイライトされます。




    • Related Articles

    • AIセマンティック検索

      概要 AIセマンティック検索は、複雑な検索式を作成しなくても、探したい技術のキーワードや文章、特許番号を入力するだけで、簡単に類似の特許を検索できます。 AIセマンティック検索の特徴は、Patentfieldに収録されている膨大な特許公報のタイトル/請求の範囲/明細書/出願人/発明者等の情報がAIによって事前に学習されています。それにより、特許公報内に出現するキーワードの意味を学習しています。 ...
    • AIセマンティック検索で関連性の高い特許に絞り込んでいく方法

      AIセマンティック検索は、原則10,000件ヒットするようになっています。 AIセマンティック検索の検索結果に対して、特許分類やキーワードを組み合わせることで、関連性の高い特許に件数を絞り込みできますが、適切な特許分類を選定する、関連キーワードを漏れなく抽出するには専門的な知識が必要だったり、時間がかかります。 専門知識がなくとも時間をかけずに効率的に、特許分類の選定や関連キーワードを抽出する方法について解説します。 【対象】 特許検索に不慣れな方 特許出願前に効率よく先行文献を調査したい方 ...
    • プレ調査(事前調査/予備調査/サンプル抽出)のためのAIセマンティック検索

      概要 特許出願前調査や侵害防止調査(クリアランス調査)などの本格的な特許調査や外部に調査依頼を行うにあたって、 「あたりをつける」ために、まず自分でプレ調査(企業によって様々な呼び方がありますが、事前調査/予備調査/サンプル抽出/etc)を行うことがあると思います。 このプレ調査で、サンプルとなる公報2、3件を抽出して、本格調査での検索式を作成したり、外部に調査を依頼するにあたって調査観点や調査内容を伝えやすくなります。 開発者や研究者が、自身が開発した製品や発明のプレ調査を行うことも重要です。 ...
    • AIセマンティック検索の検索結果に対して、さらにフィルターをかけたい

      セマンティック検索モードでは、複数の入力フィールドの適用優先順位があり、「1.サブキーワード>2.フィルター(詳細)>3.検索入力フィールド」の順になっています。 そのため、下記図の入力例では、まず2.フィルタ「公開日2020-04-15以下」が適用され、そのフィルター条件の中でセマンティック検索が実行されます。 ...
    • ハイライト

      検索結果リスト画面でのハイライト 検索結果リストの中に、検索キーワードが含まれている場合は、そのキーワードが色付きでハイライト表示されます。 公報の詳細ページでのハイライト ハイライトのON/OFF 公報の詳細ページを開いて、「ハイライト」ボタンでハイライトのON/OFFが可能です。 検索結果リスト画面のハイライトのON/OFFはできないので、ご注意ください。 ハイライト設定 「ハイライト設定」で、ハイライトするキーワードを自由に設定することができます。 ...