監視設定(ウォッチング)の設定上限数

監視設定(ウォッチング)の設定上限数

監視設定(ウォッチング)の設定上限数は、1アカウントにつき500件です。
※作業グループ毎に500件ではなく、1アカウント毎に500件です。

なお、Emailアラート(SDI配信)については1アカウントの上限数が10件(10テーマ)です。
Emailアラート(SDI配信)を11テーマ以上設定する場合、「 E-mailアラート件数(SDI配信件数)増強」オプションが必要となります。

    • Related Articles

    • 監視設定

      特定の出願の経過を監視(ウォッチング)することができます。 監視設定した出願について、設定した監視条件に該当した場合は、E-mailで配信されます。 例えば、特定の出願について、審査請求がされたらメールを配信する/拒絶理由通知が発送されたらメールを配信するなどの設定ができます。 配信先:ユーザー情報に登録されているメールアドレス及び配信先設定で追加したメールアドレス 保存した監視設定は「作業グループ」に紐づいて保存されます。 ...
    • マップで描画できる上限件数

      「1.グラフエリア」では、検索結果の集合を集計して、様々な軸でマップを描画できます。 システム負荷の関係上、集計できる検索結果の集合の件数は50万件が上限です。 50万件以上の検索結果となる場合、集計結果が途中で打ち切られているため、ご注意ください。 たとえば、検索結果では2001年〜2017年の特許が含まれるのに、集計では2001年〜2010年までしか集計されていないなど。 50万件以上の母集合を集計する場合は、オプションのご契約が必要となりますので、こちらからご相談下さい。
    • 配信先設定

      E-mail配信先を追加することができます。 E-mail配信を利用する機能:監視設定、検索条件・メール通知設定(SDI配信) 操作方法 追加したいE-mailアドレスを入力して、「追加」をクリックします。
    • エクセルダウンロード上限増加

      概 要 標準プランでは、1回でダウンロードできる件数は、1,000件が上限となっています。 『エクセルダウンロード上限増加』オプションにより、検索結果のエクセルダウンロード件数を、1,000件単位で増加でき、最大10,000件まで増加することができます。 10,000件に増加すると、1回の操作で10,000件ダウンロードすることができます。 オプション費用 1,000件ごとに500円(1ID毎) 【費用例】 ...
    • 作業グループ

      作業グループを作成することで、開発テーマ・開発プロジェクトごとに下記情報を保存・管理することができ、過去の調査結果や教師データを、開発テーマごとに保存しておくことできます。 例えば、開発企画段階の調査結果を教師データとして保存しておくことで、開発中期・後期に再調査する際に、保存した教師データを活用することで、開発テーマに関連する公報を効率的に差分検索することができます。 作業グループでは、以下の情報を紐づけて保存・管理することができます。 ・保存した検索条件 ・ユーザー評価/タグ/ノート ...