検索条件の出力と表示

検索条件の出力と表示

検索条件の出力

エクセルダウンロードを実行したときに、検索条件も同時に出力されます。
ダウンロードしたエクセルの「検索条件」シートを開くと、出力した検索条件が表示されます。



検索条件の表示

詳細検索画面を開き、「検索条件テキスト表示」をクリックすると、現在の検索条件をテキスト形式で表示できます。
表示されたテキストをコピーして、エクセルやワード等にそのまま貼り付けできます。
再度、「検索条件テキスト表示」をクリックすると、元の検索画面に戻ります。




設定コード

検索条件の出力は、あくまで出力機能ですので、出力した検索条件をPatentfieldにインポートして検索することはできません。
Patentfieldでは、設定コードを利用することで、検索条件の出力やインポートが可能です。設定コードにより、作成したマップの状態も含めて簡単に同じ検索結果を再現することができます。
検索条件を共有したい場合は、設定コードをご利用ください。

    • Related Articles

    • 検索条件の保存

      作成した検索条件/マップの状態を保存して、後で保存した条件を呼び出すことができます。 保存条件でSDI配信することも可能で、SDI配信については、こちらをご参照ください。 保存した検索条件は「作業グループ」に紐づいて保存されます。 作業グループAで保存した検条件は、他の作業グループの選択中には表示されません。 「作業グループをOFF」にすると、すべての作業グループに保存された検索条件を選択できます。 作業グループの共有オプションをご利用いただくと、検索条件も他のIDと共有することができます。 ...
    • 設定コード

      設定コードは、フィルター条件や、グラフの分析条件なども含めて検索結果の状態を復元できるコードです。 こちらをコピーして保存しておき、貼り付けることにより同じ検索条件、グラフの表示条件等を復元することができます。 何か不具合があった際は、あらかじめ、不具合があった際のこちらの設定コードをコピーしておき、メール等で共有していただくとスムーズに状況の共有、原因解析を行うことができます。 詳細検索画面の「設定コードで入力」を選択すると、設定コード画面が開きます。 設定コード サンプル ...
    • 教師データ

      AI教師ラベルで作成した教師データをエクスポートすることができます。 エクスポートした教師データは、バックアップとして保存したり、他のユーザーに送付することができます。 操作方法 すべての教師データを一括でエクスポートする方法 1.ログインした状態で、トップページ右上の歯車マークから「マイアカウント」をクリックします。 2.教師データのページにて、エクスポートボタンをクリックすると、エクセル形式で、   すべての作業フォルダーの教師データを一括してエクスポートすることができます。   ...
    • 番号チェック機能

      番号一括入力では、複数件の公報番号リストを入力することで、入力された公報番号リストの検索結果を得ることができます。 例えば、他の検索システムの検索結果公報リストを、番号一括入力でPatentfieldにインポートすることで、同じ検索結果を得られます。 他の検索システムからエクスポートしたリストの公報番号形式と、Patentfieldで採用されている公報番号形式(DOCDB形式)が一致しないときには、番号不一致により同じ検索結果が得られないことがあります。 ...
    • 検索条件別Email配信設定

      概 要 標準プランでは、設定したSDI配信は、登録アカウントのメールアドレス及び追加した配信先すべてにメール配信されます。 『検索条件別Email配信設定』オプションにより、設定したSDIごとに配信先を指定することができます。 オプション費用 300円(1ID毎) 【費用例】 ・Corp-XSプラン(5ID)のご契約ユーザーで、5IDすべてに、検索条件別Email配信設定をする場合  1,500円/月 = 300円 × 5ID ...